2010/04/10
2009/02/22
2009/02/21
2008/06/28
2008/06/15
2008/06/14

アルパイン

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

雪壁のはずが・・・

category - アルパイン
2010/ 04/ 10
                 
前夜府中2200発 with Haneさん、Szkさん

ほとんどいったことが無い雪壁へ。当初白馬主稜の計画を立てたが日曜の天候が悪い為、日帰りで小同心クラックに変更。

しかし大同心も小同心も雪も氷もほとんどついていない。気温も高く素手で登れるほど。雪のついていないこのルートは5.6位か。ルートよりも横岳~地蔵尾根~行者のルートの方が悪かった。

大同心1

大同心2

小同心

赤岳と阿弥陀

赤岳

久々の歩きでかなり疲れた。もう天朴伯縦走は無理かも。というかアルパイン向いてない・・・


赤岳山荘0500-鉱泉0700-大同心基部0840-小同心取付0800-横岳1240-行者1450-赤岳山荘1640
            
スポンサーサイト
            
                                  
        

錫状岳 グラスホッパー

category - アルパイン
2009/ 02/ 22
                 
出発準備をしているとしたから一人のクライマーが上がってきた。サングラスをはずしたら判ったが1年振りに会うO石さんだった。ソロで3ルンゼに行くらしい。

本日は曇り時々晴。風はほとんど無い。グラスホッパーは丁度3ルンゼの反対側。3ルンゼから継続するのがはやりらしい。

3ルンゼの取り付きより右方向へ壁をトラバースしていくと反対側に出る。まず飛び込んできたのが北東壁にあるでかい氷柱。もうじき届きそうだ。名前がわからないが登られているらしい。裏のドライからツララをトラバースして移れるらしい。全てナチュプロでいけるそうだ。

北東壁
北東壁のアイス

途中でO石さんとすれ違ったので記念撮影。それにしても早い。
途中ですれ違うO石さんと

グラスホッパー上部は短いがバーチカルアイスコンペのように限定が無いので登りやすい(当たり前か!)
グラスホッパー上部

一箇所アブラコフで懸垂
アブラコフ

明日は天候が崩れるので山を降りることにした。
                         
                                  
        

錫状岳 3ルンゼ 

category - アルパイン
2009/ 02/ 21
                 
メンバー;フージマ、KW口さん

南アルプスあたりのアルパインアイスを計画していたが、連日の雪と今回の暖かさで雪崩が心配ということで錫状に転戦。前夜府中を2130頃出発し0100頃道の駅着。かなり吹雪いている。

錫状岳
錫状岳

かなりのラッセルを覚悟し本日は偵察のみで良しということで遅めに出発したが1000頃岩小屋着。異常なほど暖かく風が無い。

3ルンゼにいけるところまで行くことにした。
3ルンゼ

下部のピッチは雪で埋まっている。少しだけアイスが出てくるがほとんど雪壁登り。かなりのんびりで5時間ほどかかった。

終了点から見えた夕日に染まる槍達
3ルンゼ終了点から

1ルンゼは状態が悪いとのフージマ体調の判断で明日はグラスホッパー
                         
                                  
        

谷川岳一ノ倉沢烏帽子沢奥壁南稜フランケ

category - アルパイン
2008/ 06/ 28
                 
谷川岳一ノ倉沢烏帽子沢奥壁南稜フランケ 5級下 Ⅴ+ ★★★

メンバー;フージマ 前夜発

魔の山と呼ばれ数々の舞台となった憧れの谷川岳一ノ倉。過去2度ほど天候不順で中止になり、今回も危うかったが曇り時々晴れ。
一ノ倉岳


今回のルートは南稜フランケ↓
南稜フランケ


一ノ倉沢↓
一ノ倉沢


取り付きは濡れているが慎重にスタート。つるべで自分は偶数ピッチ。濡れているのと岩が脆いのでなかなか緊張させられる。4ピッチ目でルートファインディングを間違えたりもしたが無事終了。6時間弱かかってしまった。4ピッチ目のランナウトはしびれる。

                         
                                  
        

笠ヶ岳穴毛谷四ノ沢ピナクル東南壁2日目

category - アルパイン
2008/ 06/ 15
                 
唯一のテンバ
↑出発前の準備の図

快晴。ここのロケーションは素晴らしい。

今日は凹角ルート(6P 4級上 A2 215m)
凹角ルート01


凹角ルート02
↑核心以外はトップをやらせてもらった

凹角ルート03

このルートは残置ハーケン(かなり腐っている)がたくさんあったが、自分のリードのピッチは全て残置無視のフリー。当然ながら核心ピッチのフージマも全てフリー。

今回の感想
終了点がわからない場合は懸垂用の捨てシュリンゲが多めに必要。ハンマーの変わりにバイルだとジャマ。フリーのゲレンデでは味わえない充実感があったな。

怪しい日本人Mr.フージマ隊長、またよろしく!
                         
                                  
        

笠ヶ岳穴毛谷四ノ沢ピナクル東南壁

category - アルパイン
2008/ 06/ 14
                 
with フージマ

 気温や湿度が上がって、マラ岩はなかなか厳しく気分転換に沢かアルパインでもやろうかということで笠ヶ岳穴毛谷の岩場に向かう。当初、谷川か錫杖だったが、フージマ隊長の希望でピナクル東南壁にアタック。今年は雪が多いせいでほとんど雪渓歩き。テン場まで約4時間半かかってしまった。

笠ヶ岳穴毛谷四ノ沢ピナクル東南壁02
↑中央のとがったピナクルが四ノ沢ピナクル東南壁

笠ヶ岳穴毛谷四ノ沢ピナクル東南壁03
↑右の面に凹角ルート(4級上)とノープロブレム(4級上)の2本のルートがある。

↓初日は左の1段低い面(ルートは無いのかも)に取り付く。
笠ヶ岳穴毛谷四ノ沢ピナクル東南壁04

残置が無いので全てナチュプロとハーケンで支点を作り、オールフリー 5P(下部2Pはフリーソロ)。

フリーとは違う緊張感が心地よい。

焼ける北アルプス
↑夕焼けの奥穂
                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。