2006/12/02

Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

初体験

category - 城ヶ崎
2006/ 12/ 02
                 
アイロンヘッド

チームガバ in 城ヶ崎シーサイド 晴れ

サンセットエリアの一番左端でUP2本(ルート名?)

まず1年以上前にTRで触った風に吹かれて5.11aにMSTry。
核心部の前のホールドで迷い、テンション。二通りあるんだっけ?すっかり忘れていた。核心のムーブも思い出せずテンション。本日2撃。計3便。

調子はそれ程悪くなさそうなので、アイロンヘッド5.12aにMSOSTry。中間位の動くホールドでテンション。ホールドがわからない。結局動くホールドを使った。平らなホールドは砂だか塩だかが浮いていて使えない。シーズン始めは掃除しながらヌンチャク掛けをしてから本気Tryをするそうだ。結局テン山にて終了点へ。

事件はここで起こった。
            

 このルートは12にしてはホールドが良く、ムーブはそれほど難しくない。完全に持久系だ。持久力が枯れる寸前で終了点にクリップ・・・できない!左がクリップするまで耐えたれない。

 クリップムーブが悪かったのか、単に持久力が無くなったのか判らないが、とりあえずクリップをしようと終了点をつかみにいった。


フォール!


 その時である。右手が終了点に触った瞬間左手が保持できずにフォール。最後の支点は(足元から1メートル位?)ランナウトしている。落ちながら結構落ちるなと思った瞬間には壁にたたきつけられていた。

 30秒から60秒位気絶していたらしく、ひっくり返り、血を降らせていた。降ろしている途中で気が付き、ロープをつかんだらしい。軽い脳震盪のようだ。出血は左側頭部でY字状に切れていたらしく左ひじと左太ももも打撲している。

 とりあえず自力で大重丸へ戻り救急車で伊東市民病院へ。ガチャで7箇所縫合した。
初縫合


 近くにいたクライマーがギアを回収してくれたらしいが、名前を聞き忘すれたそうで(かなり上手いクライマー)、ここでお礼を。ありがとうございます。

治療の後大重丸へ戻り鈴木昇巳忘年会に参加。皆に心配を掛けてしまった。申し訳ありませんでした。

スポンサーサイト

            
                                  

コメント

非公開コメント
        

その後大丈夫ですか?
まあ 大した事なさそうで よかったですね。
アイロンヘッドは いろんな人の登りを見てますが どうも最後が核心で クリップ寸前で落ちる人が多いようです。最後に落ちて骨折した人も 知り合いにいます。ですから ビレーヤーもそれを心得て 叩き付けられないようにロングフォールさせないといけないようで 私もビレーする時は 結構緊張しましたよ。シーサイドでは 次の課題はアイロンヘッドと思っていたのですが やっぱしちと怖いかなぁとビビっています。
ご心配ありがとうございます。年内には復帰しますのでよろしく。
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。